サニックスの太陽光発電・ソーラーパネルの特徴と口コミ・評判


いいものを安くをコンセプトにしている太陽光発電・ソーラーパネルメーカー、
それがサニックスです。

もともとはシロアリ退治などが主な仕事でしたが、
いまでは太陽光事業にも力を入れているようです。

サニックス最大の特徴は価格の安さ。
韓国産のLS産電や現代(ヒュンダイ)の太陽光モジュールを扱っています。
モジュールが海外製品だとやはり価格は抑えられます。

口コミを見ても、国産の太陽光発電と比較すると
kWあたり10万円程度は安く済みそうです。
これはかなり大きいですよね。

保証は10年間と海外品を扱っている割には短めですが、
それも値段に入っているということでしょうか。

パワーコンディショナーにはオムロン製もあったりしますが、
基本的には海外品を使って価格を抑えることがサニックスを選択する
メリットだと思います。

口コミではサニックスとOEM先の企業が10年持つか分からないなど、
厳しい意見もありますが、設置コストが安いということは、
回収にかかる年数も少なくできる可能性があります。
少ない年数で回収できるなら、その後は売電による単純な収入が見込めるということです。

設置した際のシュミレーションをよく検討したうえで、発電量が見込めるなら、
サニックスにして価格を抑え、イニシャルコストを削減するという選択肢もありだと思います。


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」