東芝の太陽光発電・パネル紹介


東芝の太陽光発電・パネル紹介!

ここ最近の日本国内の住宅用太陽光発電の市場は、シャープ、京セラ、三菱電機、三洋電機の4社がシェアを奪い合う4強時代でした。
がしかし、2010年度から、日本が誇る家電ブランドの雄である東芝が新たに太陽光発電市場に参入しました。
この参入は大きなニュースにもなりました。

東芝が手がける太陽光発電の他社との大きな違いは、
高いセル変換効率を実現した米サンパワー社製が手がけるソーラーパネルを採用していることが挙げられます。
かつ、世界に誇る技術力を持った東芝には、もともと電力・産業用太陽光発電システムで培ったメガソーラー技術や系統連係技術、二次電池に関する優れた技術があります。
2010年の一般住宅用太陽光発電システムへの参入は、東芝が推進している次世代電力網であるスマートグリッド事業にも大きく関わっています!

そのため、将来に向けて東芝の総合力を活かした、電気の見える化、
二次電池(充電式電池)やスマートメーターを含めた新しい太陽光発電システムの販売も検討されています。
CMでも頻繁に流れていますね。

 

東芝の太陽光発電・パネル 口コミ・評判

東芝の口コミや、5つの特徴などをまとめています!
→ 「東芝の太陽光発電・ソーラーパネルの特徴と口コミ・評判


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」