東芝の太陽光発電・ソーラーパネルの特徴と口コミ・評判


東芝の太陽光発電・ソーラーパネルの特徴と口コミ・評判

いよいよ東芝太陽光発電に本格的に参入してきました。

東芝といえば白物家電のイメージが強いですが、
メガソーラー技術や二次電池(充電式電池)の技術力には定評がありました。
その東芝がアメリカのサンパワー社と組んで家庭用太陽光発電に乗り込んできました。

東芝の太陽光発電の最大の特徴はなんといっても発電量にあります。

サンパワー社の太陽光パネルを採用し、光を電気に変える変換効率は
世界的に見てもトップクラスです。

モジュールの最大変換効率は20.1%と非常に高く、
しかも発電量は250Wもあるのです。

これだけの太陽光パネルだと、同じ面積あたりでの発電量は大きく変わります。
屋根の条件にもよりますが、一般的なモジュールと比較すると
発電量は年間で1.5倍にもなるという試算もでています。

 

充実した東芝の保証期間

さらに、東芝の太陽光発電は保証も充実しています。
通常、メーカーが倒産したり事業撤退となれば保証がなくなってしまう可能性があります。
しかし130年の歴史がある東芝ならその可能性はゼロではありませんが
極めて低いといえます。

保証期間は無償で10年。これは出力保証とその他の機器も同じ10年です。

そして有償ではありますが20年パワフル保証と15年パワフル保証が用意されています。
20年パワフル保証では出力保証が20年、その他機器が15年の保証。
15年パワフル保証では出力保証が15年、その他機器が15年の保証が選択できます。

世界トップレベルの面積あたりの発電量と安心の長期保証こそが
東芝の太陽光発電の最大の特徴です。

まだまだ事業としては新しいですが、検討してみる価値は十分にあると思います!

 


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」