「屋根ぢから」ソーラープロジェクト開始!

2013-02-28

東京都で「屋根ぢから」ソーラープロジェクト開始!

地方でも太陽光発電普及の流れが加速してきました。
東京都では、「屋根ぢから」とキャッチコピーとして命名し、
東京都環境公社と連携しながら、補助金に代わる新たな普及策として、「屋根ぢから」ソーラープロジェクトを開始したそうです!

一般住宅用の太陽光発電は、各都道府県の補助金事業や国の支援制度等により飛躍的に導入が拡大したことに伴って、
この4年間で1キロワット当たりの設置コストが4割近く低下(約72万円→約45万円)しました。

かつて導入時に懸念されていた「導入コストの高さ」が軽減され、このの問題は大きく改善しました。
都内の住宅には、太陽光発電の導入ポテンシャルがまだ豊富に存在し、都は、これをキャッチコピーとして「屋根ぢから」と名づけ、
東京都環境公社と連携しながら、補助金に代わる新たな普及策として、「屋根ぢから」ソーラープロジェクトを開始します。

その第一ステップとしては、低利のソーラーローン提供に協力する金融機関を公募するそうです。

まぁ、簡単にいえば太陽光発電を導入するなら、低利のローンが組めるようになるって事です。

ただ、これだけでは弱いですよね。
「ローン」という言葉に抵抗を覚えるのもあります。
もっと単純でわかりやすいメリットが必要かもしれませんね。


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」