ソーラーパネルのリサイクル開始

2013-02-28

ソーラーパネルのリサイクルがまもなく開始

開発競争が激しい太陽光パネル・ソーラーパネル業界ですが、
その裏では、時代遅れになったものや修理品、故障品などの廃棄問題が浮上しています。
ECOだエコだと言われている太陽光発電ですが、この問題を解決しない限り真のエコとは言えませんよね。

 

そんななか、財団法人「北九州産業学術推進機構」が、地元企業と開発を進めてきた太陽光発電ソーラーパネルのリサイクル装置が、北九州市若松区南二島の工場で完成したそうです。
国からの委託事業で、総事業費は約5億円。早い時期での運転開始が待ち遠しいですね。

同機構によると、太陽光発電は新エネルギーの代表格として急速に普及しているものの、廃棄パネルのリサイクル方法は確立されていないく、
パネルの寿命は約20年で、2030年頃には年間500万枚以上のパネルが廃棄されると推計している。
パネルは、ガラスと精密機器が樹脂で接合されており、同機構は、約500度の熱で樹脂をガス状に分化する処理方法を開発し、リサイクル率を95%に高めたそうです。

開発したリサイクル装置は、一連の操作をほぼ全自動で行い、最大で年間12万枚の処理が可能だといいます。

14年度まで実証実験を行った後、試験的に廃棄パネルの回収業務を行い、
17年度の実用化を目指すという。装置は20日、報道陣に公開され、同市の北橋健治市長も視察したそうです。

 

 

2030年頃には年間に500万枚の太陽光パネルが破棄される事実を知っていましたか?
このような問題を解決するためにも、政府にはしっかりと補助していって貰いたいものですね。


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」