平成25年(2014) 売電価格、38円に引下げ?

2013-03-11

太陽光買取価格、37.8円に引き下げ??

売電を考えている人にとって、太陽光買取価格の引き下げ問題は気になるところですよね。
42円だったもが下がるのは正直辛いところです(;´Д`)

平成25年(2014)に売電価格が値下げとなれば、太陽光発電システムの導入を考えている方にとっては耳の痛い話かもしれませんね。

この問題に今日、2013年3月11日に進展がありましたのでまとめてみます。

「固定価格買取制度」見直し!by経済産業省

再生可能エネルギーによる電気の買い取りを電力会社に長期間義務づける「固定価格買取制度」における2013年度の買取価格を検討してきた経済産業省の算定委員会は11日、太陽光発電による電気の買取価格の引き下げを求める意見書を取りまとめたそうです。

出力10キロワット以上の非住宅用の太陽光発電は現行の1キロワット時当たり42円(税込)から37円80銭と4円20銭引き下げるべき、という発表しました。

買い取りコストは電気料金に上乗せされ利用者が負担する。
このため、需要拡大や技術開発などによってコストが下がれば利用者の負担を減らす目的で買取価格を毎年見直す
10キロワット未満の住宅用は42円から38円に引き下げるべきとした。

意見書は、太陽光以外の再生可能エネルギー(風力、中小水力、地熱、バイオマス)については12年度の買取価格を据え置くべきとした。
同制度の適用を受けた新規運転開始実績がほとんどないためコストを見直す根拠が乏しいという。

今後はどうなる? 「太陽光買取価格」

上記の発表で大事なのは、「毎年見直す」。
という表記ですね。

当たり前といえば当たり前ですが、この太陽光発電業界はまさに日進月歩です。
新しい技術一つで大幅にコストが下がり、爆発的に導入が進むかもしれません。
このような状態であれば太陽光買取価格を「毎年見直す」のは必然かもしれませんね。


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」