太陽光発電の導入時期はいつがベスト?

2014-04-17

太陽光はいつ導入するべきなのか?タイミングがわからないと思う人は多いと思います。
実際、私も導入をしていますが一番ベストのタイミングで導入できたとは思っておりません。

3年前は、1kwhあたり48円の単価で売電が出来ました。私たちが買っている電気のほぼ2倍で買い取ってもらえました。

しかし、普及が進み翌年には42円に引き下がりました。あくまでも国の普及政策なので普及が多くなれば多くなるほど売電の単価は下がっていく仕組みになっています。
25年度は38円、今年度は37円の売電単価になります。毎年下がってはいますが国の政策でこちらは10年間固定になるので、導入したその年の単価で10年間売り続ける事ができます。
また、太陽光には補助金という政策もあり3年前は1kwあたり7万も補助金が出ており、2kw乗せると14万と容量が多くなればなるほど増えていく仕組みです。
ただこれも普及政策の為、2年前は3万円、25年度は15千円、今年度はなくなると言われています。

この二つをみると、早く導入した家の方が得なように見えますが、3年前は今以上に太陽光発電システム自体の価格が今よりももっと高かったと言う事実もあります。
売電の単価が下がれば販売業者も必然的に、価格を下げないと販売が難しくなるので回収期間はいつ導入しても正直あまり変わりません。

しかし、太陽光は元を取れた後にメリットが出る為回収が早く終わればそれだけ将来的に多くのメリットが出ます。
明日必要なものではありませんし、焦って導入する必要もないですが、1年でも1ヶ月でも早く導入すればそれだけ将来的に電気代が削減できる量が多くなります。


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」