Posts Tagged ‘オール電化’

太陽光発電はいつ設置するのがお買い得なのか

2014-06-18

陽光発電システムはこの十数年でかなりの進歩を遂げました。
普及がすすむにつれ、今後さらに開発がすすみ、発電効率は今まで以上に
高くなっていくことは想像に難くありません。

では今後、太陽光発電の発電効率の向上や量産によって価格が下がるのが
ほぼ間違いないと言われているなかで、今太陽光発電を導入するべきなのでしょうか。
ちょっと待ってみたほうがお買い得になるのでしょうか。

先延ばしの方がお得かというと、これがなかなかそうでもないようです。
専門家によれば、設置するのは今でも全く問題ないそうです。

というのは太陽光発電による買取価格と補助金が関係しているからです。

現状では太陽光発電による余剰電力の買取価格は10年間据え置きで、
1キロワットあたり42円ですが、これも以前は48円だったことを考えれば
すでに下がっています。

今後もこの買取価格は下がっていく可能性もあり、設置コストが下がっても、
買取価格も下がるため結局はお得にならない可能性もあるのです。
買取価格が高いほうが損益分岐を超えれば儲けは大きくなります。
買取価格が下がることで、初期投資分をこえてもあまり利益はでなくなってしまいます。

また、太陽光発電を設置する際の補助金もいつまで続くかは不透明です。

今後劇的に設置コストが下がったとしても、補助金の打ち切りや買取価格の下落も
考えられるため、設置は今するのも様子を見てからするのも
あまり条件は変わらないかもしれません。

であれば、少しでもはやく買取価格が高いうちに導入するのも悪くないのです。

太陽光発電の導入時期はいつがベスト?

2014-04-17

太陽光はいつ導入するべきなのか?タイミングがわからないと思う人は多いと思います。
実際、私も導入をしていますが一番ベストのタイミングで導入できたとは思っておりません。

3年前は、1kwhあたり48円の単価で売電が出来ました。私たちが買っている電気のほぼ2倍で買い取ってもらえました。

しかし、普及が進み翌年には42円に引き下がりました。あくまでも国の普及政策なので普及が多くなれば多くなるほど売電の単価は下がっていく仕組みになっています。
25年度は38円、今年度は37円の売電単価になります。毎年下がってはいますが国の政策でこちらは10年間固定になるので、導入したその年の単価で10年間売り続ける事ができます。
また、太陽光には補助金という政策もあり3年前は1kwあたり7万も補助金が出ており、2kw乗せると14万と容量が多くなればなるほど増えていく仕組みです。
ただこれも普及政策の為、2年前は3万円、25年度は15千円、今年度はなくなると言われています。

この二つをみると、早く導入した家の方が得なように見えますが、3年前は今以上に太陽光発電システム自体の価格が今よりももっと高かったと言う事実もあります。
売電の単価が下がれば販売業者も必然的に、価格を下げないと販売が難しくなるので回収期間はいつ導入しても正直あまり変わりません。

しかし、太陽光は元を取れた後にメリットが出る為回収が早く終わればそれだけ将来的に多くのメリットが出ます。
明日必要なものではありませんし、焦って導入する必要もないですが、1年でも1ヶ月でも早く導入すればそれだけ将来的に電気代が削減できる量が多くなります。

太陽光発電導入に向き・不向きな場所&屋根とは?

2014-04-06

太陽光発電システムは光熱費の削減に繋がります。

また余った電気は売電できるので収入も入ってきます。
私も実際導入していますが、平均して15000円の収入があります。

季節によって差はありますが、5月と8月はかなり発電しています。
25℃の気温が太陽光にとっては一番良い温度になるので1年の中では5月が1番発電します。
発電量は屋根の方角や角度、その地域の日照時間によっても変化します。

方角はもちろん真南がベストです。
南面が100%だとすると、東西の面は85.3%の発電になります。北はほとんど発電しないので設置はできません。
屋根の角度は30度が理想的です。

向き不向きがはっきりする商材なので事前にしっかりシミューレションを行い、ご自宅が太陽光に向いているかお調べする必要があります。

実際隣の家が導入して電気代削減できたので自分の家も導入してみると全然発電しないと後悔してるお家もあります。

一番は屋根にのるパネルの容量が重要です。
パネルの枚数、容量が多ければ多いほど1枚1枚のパネルの単価が下がる仕組みになっています。それに対して発電量は多くなっていきます。よって容量が多ければ多いほど費用対効果が良くなり、元を取るスパンも短くなります。

住宅用だと最低3kwは必要です。日当たりによっては2kwでも導入する家もありますが、できるだけたくさん設置する事をおすすめします。

最近ネットでのシミュレーションも多いですが、しっかりプロの専門業者に見てもらい、年間の発電量、容量、金額、元が取れる期間を調べてもらう事をおすすめします。

太陽光発電でオール電化してみた。【体験ブログ その2】

2014-03-26

  太陽光発電の機器は大きく分けて5つあり、太陽光パネル、配線をまとめる接続箱、直流(ご自宅で使えない電気を交流(ご自宅で使える電気)に変換するパワーコンデショナー、売電メーター、電気の消費量や売電量がわかるモニターがあります。

比較的シンプルですので工事も大体1日~2日で終わりました。

太陽光は蓄電できると思われる事も多いですが、太陽光発電システムだけでは蓄電はできません。
住宅用の場合はお昼間の発電している時間は自宅で使い、余った電気は電力会社に売電されます。
現在の国の普及政策だと買う電気よりも売る電気の単価の方が高いためお昼間使用するよりも、なるべく使わず売ってしまった方がより高い単価で収入を得ることができます。

よって太陽光発電は導入して使い放題というイメージより節電意識が高まる仕組みになっております。

特にオール電化の家の電気代は昼間は高く、夜は安いプランにされてる方がほとんどですので太陽光とうまく使えばより削減効果は高くなります。

私もオール電化実際導入して、毎日家族でモニターを確認し節電を楽しんでおります。
どうしても暑い時期や寒い時期の休日はお出かけしてお昼間の電気の使用を避けております。
実際オール電化を導入してみると、この家電はこんなに電気を使うの?!と驚く事も多いです。

元々節電とかを考える人間ではなかったのですが、実際数値として電気の量がわかると自然と節電意識が高まりました。
今では子供たちも協力してくれるのですごく助かっています。

Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」