Posts Tagged ‘デメリット’

太陽光発電のメリット・デメリット 2015年度最新版!

2014-08-09

悲しいことに2014年度3月で太陽光発電の補助金が終わってしまいました。
これから太陽光発電の導入をお考えの方にとって、マイナス面・デメリットのニュースですが、実際はそうではありません。

solor

実際問題として補助金が無くなった分、太陽光発電の設置費用が以前よりだいぶリーズナブルに抑えられるようになり、設置費用が以前よりだいぶお得になりました。
設置をした方の中には、かなりの収入を得ている方もいたり、電気代の大部分をまかなっている方も非常に増えてきているというメリット面のニュースも多くなってきているのです。

2015年度に関しては、新たな自治体の太陽光発電導入の後押し施策や、
業者同士の熾烈な争いよって、更なる設置費用の低下が見込められます。

まさに2015年度に関しては太陽光発電導入の一番いい時期ではないでしょうか。
太陽光発電の大きなデメリットである「初期費用の高さ」のハードルが下がるのです。

さぁ、この機会に太陽光発電のメリット・デメリットをしっかりと理解して、
憧れのクリーンエネルギー太陽光発電を導入しませんか?

太陽光発電のメリットその1、「クリーンエネルギー」

なんといってもまずはこれです。
完全にクリーンなエネルギー、それが太陽光です。

反原発や脱化石エネルギーを叫んでも、行動に移さなければ意味がありません。
まずは自らクリーンなエネルギーを使い始めることが大事です。
個人にとってにのメリットもそうですが、この点は地球全体の大きなメリットですね。

太陽光発電のメリットその2、「光熱費の削減」

実際問題、このメリットを最重要視している方が多いかもしれませんね。
太陽光発電を行い、日々の電気を太陽光発電で賄うというものです。

家族4人の電気代といえばかなりの金額です。
節約意識も付きますし、一石二鳥ですね。

太陽光発電のメリットその3、「売電で儲けれる」

そしてこのメリットも非常に大きいです。
2015年度においてもしっかりと売電出来ます。

この売電は太陽光発電で余った電力を電力会社に売って利益を出すという事。
この売電でかなりの利益を出している方も多いです。

このレベルまで考えて太陽光パネルを設置できたら良いですよね。

さて、次は何点かデメリットもお伝えしようと思います。

太陽光発電のデメリットその1、「天候で発電量が不安定」

当たり前ですが、曇りや雨の日は発電量が不安定です。
売電されている方にとっては頭が痛いかもしれません。
安定的な収入の保証がないですからね。

とはいっても、年間の日照時間はある程度の平均値がありますので、
平均値で考えていけば、そこまでずれることはおそらくないと思われますのであまり心配しないで良いしょう。

太陽光発電のデメリットその2、「初期投資が高い」

上でも書いた通り、初期投資が高い事が大きなデメリットとなっています。
大規模な工事では数百万っていうこともあります。

こればっかりは先行投資で見ざるを得ません。
長期的な視点で見ていきましょう。

2015年度 太陽光発電のメリット・デメリット まとめ

2015年度は太陽光発電の補助金が終了した翌年という事もあり、
マイナス面のニュースが多いと思いきや、実際はメリットが増え、導入しやすくなっています。

そのため、多くの人が2015年度に太陽光発電の導入を進めると言われています。
そうすればますますの価格競争が行われ、市場原理に沿ってさらに初期費用がお得になりそうです。

これから2015年度に太陽光発電の導入をお考えの方は、今のうちにいっぱい勉強しておきましょう♪

太陽光発電導入に向き・不向きな場所&屋根とは?

2014-04-06

太陽光発電システムは光熱費の削減に繋がります。

また余った電気は売電できるので収入も入ってきます。
私も実際導入していますが、平均して15000円の収入があります。

季節によって差はありますが、5月と8月はかなり発電しています。
25℃の気温が太陽光にとっては一番良い温度になるので1年の中では5月が1番発電します。
発電量は屋根の方角や角度、その地域の日照時間によっても変化します。

方角はもちろん真南がベストです。
南面が100%だとすると、東西の面は85.3%の発電になります。北はほとんど発電しないので設置はできません。
屋根の角度は30度が理想的です。

向き不向きがはっきりする商材なので事前にしっかりシミューレションを行い、ご自宅が太陽光に向いているかお調べする必要があります。

実際隣の家が導入して電気代削減できたので自分の家も導入してみると全然発電しないと後悔してるお家もあります。

一番は屋根にのるパネルの容量が重要です。
パネルの枚数、容量が多ければ多いほど1枚1枚のパネルの単価が下がる仕組みになっています。それに対して発電量は多くなっていきます。よって容量が多ければ多いほど費用対効果が良くなり、元を取るスパンも短くなります。

住宅用だと最低3kwは必要です。日当たりによっては2kwでも導入する家もありますが、できるだけたくさん設置する事をおすすめします。

最近ネットでのシミュレーションも多いですが、しっかりプロの専門業者に見てもらい、年間の発電量、容量、金額、元が取れる期間を調べてもらう事をおすすめします。

太陽光発電のメリット・デメリットって? 導入体験者ブログ!

2014-04-02

太陽光発電のメリットとは?

将来的な電気代削減な可能になります。
導入後、10年~15年は元を取る期間になりますがそれ以降はご自宅のメリットになるイメージです。
長く感じられる方も多いですが電気代は何十年たっても使用している限りはご自宅の負担にしかなりません。
日当たりの良い家であれば設置をおすすめします。

また導入すると売電量、消費量が数字で見えるモニターもつくのでご家族で楽しく節電ができます。
屋根にパネルがつくと、太陽の日差しが直接屋根に当たらないので夏は涼しくなる家もあります。

実際私も導入前まで2階の部屋が夜すごく暑かったですが、太陽光設置後、涼しくなりクーラーを稼働させる時間が少なくなり思わぬところで光熱費削減に繋がりました。
光熱費削減だけではなく、今まで電気というものにあまり感心がなかった家族も太陽光を設置する事で節電やエコに対する感心が強まりました。

将来的には蓄電池なども導入して夜も停電時も使用し、自家発電だけで電気代を賄えればと考えています。

太陽光発電のデメリットとは?

今の太陽光パネルは本当に長持ちで30年以上は全然稼働し続けます。しかしそれはパネルだけであり機械などは寿命があります。

特にパワーコンディショナーという機械は必ず設置するとつく機械ですが、これに関しては交換が必要になります。
金額もメーカーによっても様々ですが安くはありません。15万~20万するのでその交換費は考慮しておいた方が良いです。

また屋根に設置するので必ず穴は空きます。
しっかりした業者なら雨漏りの可能性も少なく万が一しても対応してくれます。

しかし中には施工が雑で雨漏りしたというケースも聞いたことがあります。
業者が独自で施工している場合もあるのでしっかりメーカーの施工認定士を持っているプロの業者による施工をおすすめします。

太陽光発電で10Kwを超えた時の補助金は?価格は?

2013-10-05

10kW以上の太陽光発電システムは全量買取制度(固定価格買取制度)の対象

全量買取制度とは新たに始まった、太陽光発電などの自然エネルギーの買取制度で、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」のことを言います。
その中で、今話題に上がっているのが発電容量が10kW以上の太陽光発電システムについてです。

kWhあたり37.8円で発電したすべての電気を電力会社が20年間買い取ることになり、この制度を「全量買取制度」と呼びます。
ちなみに売電単価の37.8円は平成25年度内に設置の上稼動した場合です。以後年度ごとに見直しが行われるという事です。

このように経済産業省により2012年7月から適用された固定価格買取制度のおかげで10kW以上の太陽光発電の売電が有利になりました。
10kW未満との違いはまず、発電分の全量が売電対象になるだけでなく、固定の価格で買い取ってもらえる期間が20年間と長いため、事業計画が立てやすく収入の見通しもつけやすいことから企業の投資先としても注目を集めています。

もちろん、個人の方でもしっかりと発電できれば、かなりの収入が見込めるはずです。
特に今回の、固定の価格で買い取ってもらえる期間が20年間という、かなりの長期間にわたって国が買い取りを保証してくれたのは非常に大きいのではないでしょうか。

ただ、全量買取制度を利用すると補助金が受けられません。このことに特に注意が必要です。

補助金を含まない施工価格だけで比べても、10kWを少し超えるくらいの容量であれば、量が多くなるからと言って10kW以下に比べて安くならない場合もあります。
設置環境が一般の住宅用に比べて多様になることから、それぞれの設備独自の施工内容になることが多いのが主な理由です。

このことをしっかりと理解をして、どちらをするのが良いのかしっかりと比較検討してください。
実際に導入している人の口コミや評判を見て比較してみるのも良いかもしれませんね。

太陽光発電補助金 平成26年度(2014-2015)はどうなる?

2013-08-17

平成26年度の太陽光発電補助金はどうなるのでしょうか?

結果はまだわかりませんが、平成26年度の太陽光発電の補助金は下がる可能性があります。
第一に政府の方針が軟化方向だったものが、安部総理に代わってからというもの、
補助金関係に対する体制が整えられ、一部の派閥による補助金への「ばらまき」ともいえる考えが無視できない大きさへ発展してきたからです。

このため、結果はまだわかりませんが、平成26年度の太陽光発電の補助金は下がる可能性があると言えるでしょう。
最悪打ち切り・・・の可能性がなくはないのが現状です。

ちなみに太陽光発電の国の補助金制度を簡単に説明すると、
太陽光発電導入量の飛躍的な拡大のために、国が一般住宅への太陽光発電システム設置を支援している制度です。
具体的な制度・事業の名前としては、「住宅用太陽光発電導入支援復興対策事業」と言われています。
なお、補助金そのものに関しては、経済産業省が定めた住宅用太陽光発電導入支援復興対策基金造成事業費補助金交付要綱に基づく補助事業者として、
一般社団法人太陽光発電協会/太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)が募集をおこなっています。

毎年毎年、この一般社団法人太陽光発電協会/太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)と政府が協議をして、翌年度の補助金を決定してゆくのです。

この協議結果の如何によって、平成26年度の太陽光発電の補助金は下がる可能性があるのです。

平成26年度の太陽光発電の補助金は安部さんが握っているのかもしれませんね。

基本的には補助金は下がっていく流れですので、
導入を検討されている方はなるべく早めに導入した方がいいかもしれません。

« Older Entries
Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」