Posts Tagged ‘2015’

太陽光発電のメリット・デメリット 2015年度最新版!

2014-08-09

悲しいことに2014年度3月で太陽光発電の補助金が終わってしまいました。
これから太陽光発電の導入をお考えの方にとって、マイナス面・デメリットのニュースですが、実際はそうではありません。

solor

実際問題として補助金が無くなった分、太陽光発電の設置費用が以前よりだいぶリーズナブルに抑えられるようになり、設置費用が以前よりだいぶお得になりました。
設置をした方の中には、かなりの収入を得ている方もいたり、電気代の大部分をまかなっている方も非常に増えてきているというメリット面のニュースも多くなってきているのです。

2015年度に関しては、新たな自治体の太陽光発電導入の後押し施策や、
業者同士の熾烈な争いよって、更なる設置費用の低下が見込められます。

まさに2015年度に関しては太陽光発電導入の一番いい時期ではないでしょうか。
太陽光発電の大きなデメリットである「初期費用の高さ」のハードルが下がるのです。

さぁ、この機会に太陽光発電のメリット・デメリットをしっかりと理解して、
憧れのクリーンエネルギー太陽光発電を導入しませんか?

太陽光発電のメリットその1、「クリーンエネルギー」

なんといってもまずはこれです。
完全にクリーンなエネルギー、それが太陽光です。

反原発や脱化石エネルギーを叫んでも、行動に移さなければ意味がありません。
まずは自らクリーンなエネルギーを使い始めることが大事です。
個人にとってにのメリットもそうですが、この点は地球全体の大きなメリットですね。

太陽光発電のメリットその2、「光熱費の削減」

実際問題、このメリットを最重要視している方が多いかもしれませんね。
太陽光発電を行い、日々の電気を太陽光発電で賄うというものです。

家族4人の電気代といえばかなりの金額です。
節約意識も付きますし、一石二鳥ですね。

太陽光発電のメリットその3、「売電で儲けれる」

そしてこのメリットも非常に大きいです。
2015年度においてもしっかりと売電出来ます。

この売電は太陽光発電で余った電力を電力会社に売って利益を出すという事。
この売電でかなりの利益を出している方も多いです。

このレベルまで考えて太陽光パネルを設置できたら良いですよね。

さて、次は何点かデメリットもお伝えしようと思います。

太陽光発電のデメリットその1、「天候で発電量が不安定」

当たり前ですが、曇りや雨の日は発電量が不安定です。
売電されている方にとっては頭が痛いかもしれません。
安定的な収入の保証がないですからね。

とはいっても、年間の日照時間はある程度の平均値がありますので、
平均値で考えていけば、そこまでずれることはおそらくないと思われますのであまり心配しないで良いしょう。

太陽光発電のデメリットその2、「初期投資が高い」

上でも書いた通り、初期投資が高い事が大きなデメリットとなっています。
大規模な工事では数百万っていうこともあります。

こればっかりは先行投資で見ざるを得ません。
長期的な視点で見ていきましょう。

2015年度 太陽光発電のメリット・デメリット まとめ

2015年度は太陽光発電の補助金が終了した翌年という事もあり、
マイナス面のニュースが多いと思いきや、実際はメリットが増え、導入しやすくなっています。

そのため、多くの人が2015年度に太陽光発電の導入を進めると言われています。
そうすればますますの価格競争が行われ、市場原理に沿ってさらに初期費用がお得になりそうです。

これから2015年度に太陽光発電の導入をお考えの方は、今のうちにいっぱい勉強しておきましょう♪

【太陽光発電の選び方】実は重要な設置業者選び

2014-06-19

太陽光発電の導入が決まったら、どの太陽光パネルにするかを
決めなくてはなりません。

屋根の形状からどの太陽光パネルが発電効率が高いのかを
しっかりと見極めて選ばなくてはなりません。

ただ、実はもっと重要なのが設置施工業者選びなのです。
もちろんどの太陽光パネルにするかも重要です。
保証の問題なども大切かもしれません。

ところが太陽光発電の専門家に聞いてみると設置業者選びが
かなり重要だと言います。
これは太陽光パネルのスペックよりも、屋根の形や、面積、角度、
組み方など設置方法によって発電量が異なるからです。

結局は業者がノウハウを持っていれば持っているほど効率できな設置ができ、
結果発電量が多くなるということです。

いくらハイスペックの太陽光パネルでも、設置の仕方や角度で
発電効率は大きく変わります。
こう考えるといかに設置業者によるところが大きいかがご理解いただけると思います。

太陽光発電を導入する際は施工業者も複数から見積もりをとり、
いろいろと話を聞いて、最も慣れていると思われる業者を選ぶようにしましょう。

太陽光発電補助金 平成26年度(2014-2015)はどうなる?

2013-08-17

平成26年度の太陽光発電補助金はどうなるのでしょうか?

結果はまだわかりませんが、平成26年度の太陽光発電の補助金は下がる可能性があります。
第一に政府の方針が軟化方向だったものが、安部総理に代わってからというもの、
補助金関係に対する体制が整えられ、一部の派閥による補助金への「ばらまき」ともいえる考えが無視できない大きさへ発展してきたからです。

このため、結果はまだわかりませんが、平成26年度の太陽光発電の補助金は下がる可能性があると言えるでしょう。
最悪打ち切り・・・の可能性がなくはないのが現状です。

ちなみに太陽光発電の国の補助金制度を簡単に説明すると、
太陽光発電導入量の飛躍的な拡大のために、国が一般住宅への太陽光発電システム設置を支援している制度です。
具体的な制度・事業の名前としては、「住宅用太陽光発電導入支援復興対策事業」と言われています。
なお、補助金そのものに関しては、経済産業省が定めた住宅用太陽光発電導入支援復興対策基金造成事業費補助金交付要綱に基づく補助事業者として、
一般社団法人太陽光発電協会/太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)が募集をおこなっています。

毎年毎年、この一般社団法人太陽光発電協会/太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)と政府が協議をして、翌年度の補助金を決定してゆくのです。

この協議結果の如何によって、平成26年度の太陽光発電の補助金は下がる可能性があるのです。

平成26年度の太陽光発電の補助金は安部さんが握っているのかもしれませんね。

基本的には補助金は下がっていく流れですので、
導入を検討されている方はなるべく早めに導入した方がいいかもしれません。

Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」