太陽光パネルとオール電化住宅の相性は?


太陽光パネルとオール電化住宅の相性は?

太陽光パネルによって発電された電力は
ご家庭の家電製品に転用することができ
電気代が節約することが可能です。

ということは、ご家庭のほとんどの機器が電気で動くように
なっていることが理想的です。
つまり、ガスでやっていることを電気でやってしまおうということです。

例えば、ガスコンロ。
これはIHクッキングヒーターに変えることで
ガスから電気に変えることができます。
火も使わないので安全性も高いというメリットもあります。

あとは給湯システム。
従来のガス湯沸かし器ではなくエコキュートにすることで、
ガスから電気に変えることができます。

このようにガス機器をすべてなくし電気でまかなうように
建てられた家をオール電化住宅と呼びます。

オール電化住宅の場合、ガスを使用しません。
ということは、光熱費がイコール電気代です。
この電気代を最大限に節約できるシステムこそが
太陽光発電なのです。

繰り返しますが、オール電化住宅ではガス代はかかりません。
そして、太陽光発電に使用する太陽光は無料です。
無料で得ることができる太陽光で電気をつくり、
それを家庭の電気に充て、足りない分だけを購入すれば、
電気代は劇的に安く抑えることができます。

この様に、太陽光発電+オール電化の組み合わせは
抜群の相性だといえます。

太陽光パネルを設置するならオール電化に、
また逆にオール電化住宅にするなら太陽光パネルの設置を
ぜひ検討してみましょう!


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」