環境問題対策はどうなっているの?


近年さけばれている地球温暖化問題は、
温室効果ガスによる大気の温暖化により地球の温度が上昇し、
異常気象や海面の上昇によって様々な被害が発生することです。

この温室効果ガスのひとつがCO2二酸化炭素であり、
二酸化炭素の排出を限りなく少なくすることが求められています。

太陽光発電は安全性が高く、発電時に二酸化炭素を発生させない
クリーンなシステムです。

風力発電もクリーンな発電方法ですが、課題は多く
地域による差も激しいため普及にはまだまだかかりそうです。
また、原子力発電も二酸化炭素の発生が極めて少ない発電方法ですが、それ以外の問題が浮き彫りになり今後の活用が不透明な状況です。

しかも、これらの発電は当然ながら家庭では難しく、大型の設備が必要になってしまうという問題も抱えています。

ところが太陽光発電は屋根に設置すればよく、家庭レベルでの発電が可能なシステムです。

では、家庭に太陽光パネルを設置することでどれほど環境に影響があるのでしょうか。

例えば、太陽光発電の恩恵を最大に受けることができる
オール電化住宅の場合ですが、電気ガス併用の住宅と比較すると
二酸化炭素の排出量を1年間で約66%も削減することができます。

さらに家庭での発電量を石油消費量に換算すると、
1年間で石油52缶分の節約となるのです。

この様に家庭による太陽光発電だけでも、
環境への負担を大きく減らすことができます。
しかも、有限な化石資源も大切にすることができるのです。

たかが1戸の家庭かもしれませんが、それでも環境には大きく貢献していることがわかります。

もっともっと普及してみんなが太陽光パネルを設置するようになれば、さらに大きな効果が期待できるのです!


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」