太陽光発電システムに故障があったらどうするの?


太陽光発電システムに故障があったらどうするの?

太陽光発電はオススメ!

太陽光発電・ソーラーパネルの故障はちょっとやっかいです。

 

もちろん壊れやすいものではないのでそこまで不安になる必要はないですが、
万が一の故障のことも考えておく必要があります。

というのは、太陽光発電の故障はいきなり起こることは稀で、
不具合というかたちで現れることが多いのです。
発電量がゼロになるわけではなく、減少すること、
それが不具合です。

 

故障であればまったく発電しなくなるので、モニターで確認して
おかしいなと気づくことが容易です。
ところが不具合はそうもいきません。
発電はしています。
発電量は天候や気温にも左右されるので、ちょっと発電量が減ったくらいだと、
不具合に気づけないことも多いのです。

 

ちょっとくらい発電量が減ってもいいじゃないかと思われるかもしれませんが、
それが1年・5年・10年となると話は変わってきますよね。
家庭の電気代にも、売電額も大きく変わってきます。
最悪のケースでは投資コストを回収できないなんてこともあるかもしれません。
そうならないためにも不具合にはできるだけ早く対応する必要があります。

 

太陽光発電の不具合にはやく気づくには、
月ごとに発電量をしっかりとチェックしてデータを残しておくのがおすすめです。
つまりどんぶりで今月は少なかった。今月は多かったで終わらせないこと。
これはかなり重要です。

 

太陽光発電システムはそこまで不具合が起きやすいものではありません。
本来なら安心して放っておいてもそこまで問題があるとも思えません。
しかし、やっぱりまだまだ高額ですし、どうせ設置するならそのコストは
回収したいですよね。

 

信頼はしつつも、データはしっかりと残しておく。
そういった付き合い方がいいと思います。


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」