太陽光発電・ソーラーパネルのメンテナンスはどうすればいいの?


太陽光発電システムに故障があったらどうするの?

女性が太陽光発電とは?と悩んでいる様子

もともと不具合や故障の少ないとされる太陽光発電ですが、
メンテナンスは必要なのでしょうか?

 

節電ができて、売電による収入まで得られることができるって聞くけど、
結局、費用や維持費がかかるから損するんじゃないの?
そんな話も聞いたことがあるかもしれません。
とにかくおいしい話は疑ってかかるというスタンスは悪くありません。

 

ただ、基本的に太陽光発電はメンテナンスが不要です。
あまり手間がかからないというのが事実だそうです。

太陽光パネルにホコリがつもってしまい
それを掃除しなくていいのか?
そんな疑問もあるかもしれません。

たしかにソーラーパネルにホコリ積もります。
これは物理的に防ぎようがないので仕方ありません。
でも、これも雨がほとんど流してくれるのだそうです。

ただ、落ちにくい油汚れもどうしてもついてしまいます。
このせいで年間1%から2%ですが発電効率は落ちてしまうようです。
これが数年間積もってしまうと発電効率に無視できない影響がでてしまうので、
数年に一度は業者にメンテナンスを依頼しましょう。

 

ちなみにパワーコンディショナーの耐用年数は10年から15年だそうです。
そのころに一度買い替える必要があります。
とはいってもそのころにはある程度元はとっていると思います。
パワーコンディショナーは基本的に家電製品だと考えておきましょう。

どうですか?太陽光発電のメンテナンスってそこまで大変じゃないですよね。
もちろんとっても運悪く不具合を起こしたなんてこともないことはないのかもしれませんが、
それを気にして選ぶレベルの可能性ではないと思います。

 

定期的に業者にメンテナンスをお願いするくらいのことですから、
手間や費用がかかるものではないのです。
ただ、数年に一度のメンテナンスをめんどくさがると、
発電効率が落ちてしまうこともあるので注意してください。

 


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」