太陽光発電の仕組みと売買システムはどうなっているの?


太陽光発電とは太陽光パネルを屋根の上に設置して、
太陽の光エネルギーを電気に変えるシステムのことです。

太陽電池を使って発電した電気は、パワーコンディショナにより直流電力から交流電力に変換されます。

交流電力に変換することで、その電気は、家庭内のさまざまな家電製品で使うことができるようになるのです。

また、発電した電力量がご家庭で使用している電力量を上回った場合には、電気を電力会社に売ることができます。

もちろん太陽が出ていない曇りや雨の日、夜間には発電することができません。発電した電力より、使用電力量が上回る場合には従来のとおり、電力会社から電気を購入することになります。

つまり、太陽光パネルをつかって発電された電力は、
家庭でも使用することができ、さらに余ったら売ることができる。
足りなければ、不足分を今まで通り買えばいいのです。

ちなみに大切なのは、売電メーターは別に設置されるということです。

足りない電力はもちろん購入するのですが、買った電気から売った電気分が
差し引かれて請求されるわけではありません。
買った電気はしっかりと電気代が請求されますし、売った電気分は収入として受け取れます。
差し引かれるということはないので、それだけは覚えておいてください。


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」