太陽光発電に地域差と季節差はあるの?


太陽光発電に地域差と季節差はあるの?

女性が太陽光発電とは?と悩んでいる様子

太陽の光エネルギーをつかって電気をつくる太陽光発電システム、
どの地域でも、どんな季節でも同じように発電してくれるのでしょうか?

 

太陽光発電は、太陽の光を電気に変えるため、最も重要なのが日射量です。

 

日本全体でいうと、太平洋側の都道府県の方が日照時間が多く
発電量が有利であると予想されていますが一概にそうでもありません。
周辺の環境により、ビルがあったりることで日陰ができてしまう場合には、
発電量が少なくなるので、結局は周辺環境にも大きな影響を受けます。

 

また、日射量と同様に、温度も発電量に大きな影響を与えます。

 

日本メーカーで多くの太陽光パネルが採用している多結晶シリコン太陽電池は、
高温になると変換効率が低下する傾向があります。
ですから、日射量が多くても気温が高いの地域では発電量が少なくなる可能性があるのです。

 

なので、気温が高い地域では、変換効率が低下しづらいHIT太陽電池を使用するなど、
環境に合わせたメーカー選びが重要です。

 

このように、太陽光発電による発電量は日射量と温度に影響されます。

日射量が多くなる季節は発電量が増えます。
つまり、日照時間の長い夏場は発電量が多くなり、短い冬場には少なくなります。

 

ただ、多くのメーカーが太陽光パネルに採用している太陽電池は、
高温になると変換効率が低下するものが多く、夏場よりも春の方が発電量が多くなる場合もあります。

 

発電量は、地域や季節によっても異なります。
また、メーカーや屋根の環境によっても大きく変わってきますので、
詳しくは専門家にシミュレーションをしてもらいましょう!

 


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」