太陽光発電とは


太陽光発電ってそもそもなんなの?

女性が太陽光発電とは?と悩んでいる様子

太陽光発電は英語では「Photovoltaic power generation」と言うそうです。
地球温暖化などの地球環境問題が世界的に注目される中、昨今この太陽光発電が高い関心を集めています。

現在、太陽光発電太陽電池パネルなどの言葉をよく耳にするようになりました。

太陽光発電システムとは、読んでそのまま、屋根の上に設置された太陽光パネル(太陽電池モジュール)を使って太陽の光エネルギーを電気に変える仕組みのことです。

今までは、石炭や石油などの化石燃料を使って発電するか、原子力エネルギーによって電気をつくることがメインでしたが、エコや環境の観点から、太陽光だけをつかって発電するこの太陽光発電が注目を集めています。

太陽光だけで発電するため当然ながらCO2二酸化炭素は発生しません。
近年、CO2二酸化炭素による地球温暖化が問題となっています。
また、福島第一原発事故を受け、原子力の安全性に対しても疑問が持たれ始めています。ここでは原発の賛否については言及しませんが、今後、原子力による発電がどうなっていくのかは予測ができません。
そこで、安全でエコな発電システムが注目されているのです。

太陽光発電は、これまでは価格の面から、一般的には普及してきませんでした。

最近になって、注目を浴び、ある程度の量産化ができるようになったことから、太陽光パネルを家庭にも取り付ける人が増えてきているのです。

もはや新築するときには、家・家具・家電だけではなく、太陽光パネルも検討しなければならなくなってきています。
仕組みと役割をしっかりと理解して、ぴったりの太陽光パネルを設置しましょう!

低炭素社会に必要不可欠なもの。
それが、太陽光発電システムなのです。

 

現在では、電気代節約や投資的な意味合いも込めて太陽光パネル(ソーラーパネル)を設置している人も多くなっていますが、
この「人類の発展」のためにも、地球温暖化問題の解決のためにも、太陽光発電を推進していくべきではないでしょうか。

太陽光発電の仕組み

本格的に説明すると、ひじょーーーーに長いページになるため、ここでは簡単に説明します!(*´∀`)

sikumi

  1. 太陽電池モジュール: 太陽の光を集め、電気に変換します。
  2. パワーコンディショナ: 発電した電力を家庭用に変換します。
  3. 分電盤:家庭内の各機器に電力を送ります。
  4. 売(買)電メーター:売買した電力を計ります。

基本的には、屋根に取り付けられた太陽光パネル(ソーラーパネル)で吸収したエネルギーを、「太陽電池モジュール」で電気に変換します。
その電気を「パワーコンディショナ」で家庭用の電力へ変換し、「分電盤」で家庭内の各電化製品などへ送電します。
なお、4番の「売(買)電メーター」は発電した電力を電力会社へ売る際に必要となってきます。

 

ここまでが、太陽光発電の簡単な説明です。

太陽光発電システムを導入しようとすると、最低でも100万円はかかると言われています。
簡単に導入できる金額ではありませんよね(;´Д`)

メーカーごとの違いや補助金の事、取り付け方法、導入までの流れ等々、
しっかりと比較検討して、自分のライフスタイル・環境に合ったものを選びましょう!!!


Copyright(c) 2013 solarpower-net.com All Rights Reserved. 太陽光パネル・太陽光発電の比較と口コミ・評判のことなら「ソーラーパネル.NET」